このイベントは終了しました。多数のご来店ありがとうございました。
ARTIST
村上ポンタ秀一|Drums, Produce

村上"ポンタ"秀一|Drums, Produce

1951年1月1日 兵庫県西宮市生まれ/山羊座/O型。
1972年、フォーク・グループ「赤い鳥」に参加。以降、渡辺貞夫、山下洋輔、坂本龍一、後藤次利ら、超一流ミュージシャンとセッション、さらに井上陽水、吉田拓郎、山下達郎、松任谷由実、吉田美奈子、矢沢永吉、沢田研二、さだまさし、泉谷しげる、桑田佳祐、長渕剛、EPO、角松敏生、尾崎豊など、膨大な数のミュージシャンのスタジオ・レコーディング、ライブに参加。レコーディングはゆうに14,000曲を越える。
1993年、自身初のリーダー・バンド「PONTA BOX」を結成、1999年にはフジテレビ系「ニュースJAPAN JAZZ GIANTS」出演。また、同局「スーパーニュース」の音楽をPONTA BOXが担当し、2003年4月よりフジテレビ系「堂本兄弟」第2期DOMOTO BROS.BANDとしてレギュラー出演。
近年のリーダー・アルバムとしては、1998年に音楽生活25周年を記念した『Welcome To My Life』、2004年には30周年アルバム『MY PLEASURE』を発表。2006年、プログラミング音源に対してドラムでインター・プレイを試みた問題作『Rhythm Designer』が話題に。そのライヴ映像作品『Live! Rhythm Designer〜Shuichi"PONTA"Murakami Solo Performance 2006@青山円形劇場』も発表している。
現在も、サウンド・プロデューサーとしてさまざまなアーティストと新たな音作りを続ける一方、ドラム・クリニックをはじめ、後進の育成、指導にも積極的に力を注ぐ。
いちドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性と幅広い活動を繰り広げる、日本を代表するトップ・アーティストである。

折重由美子|Claviola, Piano

折重由美子|Claviola, Piano

2才でピアノを始める。中学、高校時代、バンド活動に目覚める。
高校卒業と同時にカワイ音楽広島で講師を務めるかたわら、音楽理論を学びドリマトーン全国大会で銅賞に入賞、最上級のグレードを取得。その後、国内外のトップミュージシャンと数多くの共演を展開。生演奏の他、テレビ、ラジオのテーマソングやCMソングなども作曲、編曲、、演奏などで数多く手掛けている。
1999年に癒しをコンセプトとしたバンド「こゆみこ」を立ち上げ、現在までに「こゆみこ」としては5枚のアルバムをリリース。それぞれ、全国ツアーを大成功のうちに終える。また、数々のアーテイストのライブサポート、作曲、アレンジ、演奏に参加。
日本では珍しい楽器"クラビオーラ"(木管鍵盤ハーモニカ)奏者としても注目を浴びる。
2008年、ギタリスト 吉田次郎氏プロデュースのもと、ニューヨークでレコーディングしたアルバム『Perpetual Dream』を全国リリース。
2012年、おやすみ前の"音浴"をテーマとしたシリーズ『Good SleepT・U』を2枚同時リリース。
2014年、音楽生活30周年記念アルバム『カスミソウ』リリース。東京、大阪、広島でコンサートを開催。アルバム『Claviola Wind〜幻の風の音〜』、全国のCDレンタルショップGEOにてレンタル開始。楽天にて販売、ハイレゾ配信。
2015年、女性のみのジャズユニット「JAZZ LADY PROJECT」に参加し、アルバム『Girl Talk』をリリース。京都縦貫道全線開通記念で、京都府京丹波町イメージソングを制作、発表。童謡、唱歌を集め演奏したアルバム『FURUSATO』をリリース。
2016年、フォトブック付きミニアルバム『花心』リリース。
2016年9月、FUJITSU BATTERIESイメージサウンド集マキシシングル『風の贈り物〜Save The Earth』をユニバーサルミュージックよりリリース。。

前田順三 |Bass

前田順三 |Bass

中学高校からバンド活動をを始め、高校卒業後、関西を中心にプロ活動を開始。
エレキベース、ウッドベースの両方をこなす指弾きの重いサウンドには定評があり、スラップも得意としている。
作曲、アレンジ、ライブ、レコーディング、各種パーティー、ホテル演奏などで活動中。国内外のミュージシャンとの共演、サポートも多数。

太陽バンド

太陽バンド |Vocal, Guitar

ニューヨーク生まれ、広島育ち、東京在住の畑俊行によるソロユニット。2000年にひとりで結成。出会いと別れ、笑いや涙、男の哀愁など、日々の風景を時に熱く、時に優しく歌う。
『8』(2008年)、『穴』(2013年)の2枚のアルバムには原田郁子(クラムボン)ら豪華メンバーが参加。久保田麻琴(ex.夕焼け楽団ほか)がミックス&マスタリングを手掛けている。弾き語りでの単独公演のほか、伊藤大地(Dr/サンフジンズ、細野晴臣、星野源、真心ブラザーズetc.)と伊賀航(B/細野晴臣、星野源、マシマロetc.)との3ピースバンド形態でも活動している。

関根彰良 |Guitar

関根彰良 |Guitar

1978年5月5日生まれ。千葉県出身。幼少の頃よりクラシックピアノを始める。12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。東京大学入学後ジャズに出会い、学内のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。同大学文学部美学芸術学専攻卒業。
2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。
クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。
2011年、1stアルバム『FUZZ JAZZ』をリリース。発売記念全国ツアーを行う。
2012年、スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco、Manuel Parrilla、Ramón Amador各氏に師事。
2013年、アコースティック・ソロギター中心の2ndアルバム『SOLITARY PHASE』をリリース。
2015年、3rd アルバム『WET & DRY』リリース。